これからますます国際化が進む世の中では、日本語以外の語学の習得が今まで以上に重要になります。
語学を習得するといえばまず思い浮かぶのが留学ですが、ほとんどの場合留学に行く前にある程度のお金を用意する必要があることから、留学を思い立ってもお金を用意するのに何年かかかることも珍しくありません。


そんな時に是非選択肢の一部に入れておきたいのがワーキングホリデーです。ワーキングホリデーとは協定を結んだ国の間で、異文化を実際に暮らして体験しながらその滞在費用を稼ぐために就労することを認めるビザや出入国管理上での特別な制度をいいます。

オーストリアやニュージーランド、カナダ、韓国、ドイツなど欧米だけでなくアジアにもその対象国は広がっています。

留学と違う点は、年齢に制限があることで18歳から25歳までと30歳という縛りがあり、1カ国につき一回しかその権利を行使することができません。
また、対象となる国ごとに定員が設けられているので、特に人気の高いイギリスなどはかなり早い時期に申し込まないと希望がかなわないことが多いです。

しかし、ワーキングホリデーのビザは、かなり汎用性が高く魅力があるものです。



期間内であれば、観光しても語学学校に通っても、働いても何をしてもいいからです。ただ、ビザの発給を願い出るには日本国内にある領事館に必要書類を提出することから始まります。

留学の相談の情報を公開しているサイトです。

手続きなどをサポートしてくれるワーキングホリデー協会があり、無料で説明会も随時開催されています。

iemoに注目が集まっています。